今すぐお金借りる方法

今すぐお金借りる方法!今借りれるキャッシング【※カードローンのおすすめは?】

このサイトでは、以下の内容をご紹介しています。

  • お金を借りるための様々な方法
  • 今すぐ借りるためのQ&A
  • 今すぐ借りれるおすすめカードローン

結論から言うと、いますぐお金を借りるなら、プロミスアコムがオススメです。プロミスもアコムも最短即日での借入が可能です。しかも、初めてご利用なら30日間無利息サービスがあります。

 

今すぐお金を借りるならアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

『はじめての〜アコム♪』のCMでもおなじみのアコムは、初めてお金を借りる方によく利用されているカードローンです。初回利用なら30日間の無利息期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスには『WEB完結』というサービスがあり、申し込みから借入までネットのみ出完結することも出来ます。審査もスムーズなので、今すぐ借りたい多くの方に申込まれています。初回利用なら30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

やっぱり大手が安心


プロミスもアコムもどちらも大手金融グループの一員です。



  • プロミスはSMBCグループ
  • アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ

知名度抜群な上、即日融資も可能なスピード感があるこの2つのサービスは、大手の運営する安心感や信頼感があるので、初めてお金を借りる人や急いでお金を借りたい人にまさにうってつけです。

 

【即日融資可能】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結できます。もちろん何かわからないことがあれば、オペレータがで電話で親切に教えてくれます。プロミスレディースという女性オペレーターが対応するサービスもあり、女性はもちろん男性にも人気です。

↓※男性でも利用できます↓
プロミスレディースの詳細を見るにはコチラ>>

\今すぐに借りるならプロミス!30日間利息ナシの0円/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
お金を借りるなら貸付残高No.1のアコムがオススメ!CMでも同じまで知名度抜群のアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方にも安心のカードローンです!男性・女性問わず多くの方に利用されています。
\30日間金利0円!最短1時間でお金が借りれます!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
\Webなら最短60分での融資も可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

\30代以上の方が多く利用されています/

 

【当サイトイチオシ】人気の厳選カードローン



今すぐにお金を借りるなら




が断然オススメ。どちらも、申し込みから審査・借り入れまでの一連の流れがとてもスピーディーで、最短で即日お金を借りる事も可能ですので、急ぎでお金が必要な方に非常にオススメです。



それに、初めてのご利用ならどちらも30日間の無利息サービス期間がありますので、サクッと借りてサクッと返せば完全に利息ゼロで利用することもできます。

 

カードローンの基礎知識

ここでは、カードローン・キャッシングを初めて利用する利用する人に、お金の借り方について具体的にお伝えします。

 

条件

お金を借りるためには満たしているべき必要条件があります。
それは、

  • 安定した収入がある
  • 20歳以上である

ということです。


性別は男性、女性問わず申し込みが可能ですが。お金を借りると言うことは法律に規制される契約行為ですので、20歳以上でないとできないのです。


そして、貸付業者は貸したお金をきちんと返済してもらえないと貸し倒れになってしまいますので、きちんと貸したお金を返してもらわないと困ってしまいます。そのため、安定した収入があることが求められているのです。消費者金融だけでな銀行などで借入する時にも条件は同じです。

申込み方法

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りるための最初のステップがこの『申し込み』です。ご近所に自動契約機や契約に対応出来る窓口があれば直接出向いて申し込むことも可能ですが、最近では多くの人がネットから申し込みを行っています。


スマートフォンやパソコンから気軽に申込みをすることができ、簡単な手続きでお金を借りる事が出来ます。特に消費者金融は、融資までスピード感を重視しているところが多く、申し込みから最短30分で利用できると謳っている業者もあります。


当サイトでも、オススメのカードローンを紹介していますので、こちらも参考にしてください。

ユーザーおすすめカードローンランキング>>

審査について

申し込みが完了したら次は『審査』に移っていきます。審査内容については、いずれのカードローン業者も公開をしていません。


ただ1つ言えることは、貸したお金が回収不能になってしまっては、カードローン業者は商売は成り立ちませんので、『今後貸したお金を利息も含めて滞りなくきちんと返済していってもらえるか』という点について審査されることは間違いありません。

  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 借り入れの履歴

等といった項目が審査の対象になります。


そして、カードローン業者により異なる場合もありますが、申告した勤務先でちゃんと勤めているかどうかを確認するために、電話連絡が入る事があります。(これを『在籍確認』と言います。)


カードローンを利用するときには、お金を借りていることを会社の同僚など周囲にばれたくないとお考えのこともあると思います。そうした心情に配慮してか、在籍確認をする際に業者名を名乗らず個人名を名乗って電話連絡をしてくることが多いですし、以下のような電話連絡による在籍確認のないカードローンもあります。



電話連絡による在籍確認のないカードローン>>

金利について

カードローンを利用してお金を借りると利息が付きます。お金を借りようとする場合、利息はどれくらいかかるのか気になるという人は多いのではないかと思います。


利息がいくらかかるかは以下の計算式によって算出することが出来ます。

利息=利用残高×実質年率÷365×利用日数

返済について

借りたお金の返済は、お近くのコンビニATMからも手軽に行うことが出来ます。設定された返済期日までにローンカードで入金すれば大丈夫です。


その他にも、指定された銀行口座への振り込みや、口座からの引き落としに対応しているカードローンもあります。


早く返済を済ませるためのコツとして繰り上げ返済があります。たとえば、返済額が5,000円となっていても10,000円入金するとその分残高が減るので支払う利息が少なくて済みます。最終的には全額返済しないといけないので、前もって支払うという考えを持てば、借金はどんどん減っていくので後々楽です。


消費者金融は一般的には金利が高いと言われますが、借りるお金が少額ですぐに返済できるようなら、借り入れした翌日から30日間は無利息となるカードローンもありますので、賢くお得に利用したいですね♪

30日間利息ナシで借りれるカードローン>>

総量規制とは?

消費者金融等の貸金業者は、お金を借りる人を保護するという目的のために、貸金業法という法律の規制を受けます。そして、この貸金業法の中に定められているのが『総量規制』と呼ばれる『年収の3分の1以上の借入ができないルール』です。

消費者金融とクレジットカードのキャッシグは、この賃金業法の規制を受けるので、このルールが適用されます。

この総量規制のルールのために、例えば、あなたの年収が300万円あったとすると、最高でも総額100万円までしかお金を借りる事ができないということになります。

 

今すぐお金を借りるならアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

『はじめての〜アコム♪』のCMでもおなじみのアコムは、初めてお金を借りる方によく利用されているカードローンです。初回利用なら30日間の無利息期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスには『WEB完結』というサービスがあり、申し込みから借入までネットのみ出完結することも出来ます。審査もスムーズなので、今すぐ借りたい多くの方に申込まれています。初回利用なら30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

カードローンのよくある質問

家族や会社にバレませんか?

カードローン申込みの際、カード受け取り方法や在籍確認の方法を工夫すれば、バレないようにできます。一般的には在籍確認の電話連絡の際に勤務先にバレると思われていると思いますが、カードローン会社からの郵便物にも注意が必要です。また、申込時よりも借入した後にバレてしまうことも多いようです。


家族や会社にバレたくない人は、電話連絡なし・郵送物なしで利用できるカードローンを利用するのが賢い選択です。


電話連絡なし、郵送物なしで利用できるカードローン>>

お金を借りる目的は何でもいいのですか?

住宅ローンや自動車ローンと異なり、カードローンでお金を借りるのに借りたお金の利用目的は関係ありません。目的の制限なく借入が可能です。

借入する会社の数には制限がありますか?

お金を借りるのに会社の数に制限はありません。総量規制の範囲内の借入金額なら何社でも利用可能です。ただ、あまりにも借入件数が多いと新たに申し込もうとする際に審査で不利に働くことがあります。

返済はどんな方法でできますか?

借りたお金の返済は、お近くのコンビニATMからも行えます。その他、振り込みや指定口座への振り込みや銀行口座からの引き落としにより返済することができる会社もあります。詳しくはそれぞれのカードローン会社の公式サイトをご覧ください。

いくらまで借りられますか?

消費者金融系のカードローンでは、貸金業法に定められた「総量規制」というルールの制限を受けます。そのため、複数のカードローンを合計して「年収の3分の1」が借り入れることが出来る限度額となります。

1万円などの少額でも大丈夫ですか?

消費者金融からお金を借りるというと、20万円とか30万円のまとまった金額を借りることをイメージされるかもしれません。しかし、大手消費者金融では、最低借入額を特に指定していないところか、指定していたとしても「1万円」というところばかりです。少額での借入にも安心してご利用いただけます。

パートやアルバイトでも借りることができますか?

カードローンの利用条件は20歳以上で定期的な収入があることです。パートやアルバイトの場合でも「定期的な収入」にあたりますので、借入が出来る可能性は十分にあります。

学生でも借りることができますか?

20歳以上でアルバイトをされていれば、利用条件を満たすことができますので、借りられる可能性があります。

女性も安心して借りることができますか?

当サイトでご紹介しているカードローンは女性にも安心して利用していただけます。女性スタッフが対応してくれるプロミスレディースは特にオススメです。

主婦でも借りることができますか?

専業主婦でなく、パート収入など定期的な収入があれば、借入が出来る可能性は十分にあります。

 

今すぐお金を借りるならアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

『はじめての〜アコム♪』のCMでもおなじみのアコムは、初めてお金を借りる方によく利用されているカードローンです。初回利用なら30日間の無利息期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスには『WEB完結』というサービスがあり、申し込みから借入までネットのみ出完結することも出来ます。審査もスムーズなので、今すぐ借りたい多くの方に申込まれています。初回利用なら30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

その他の色々なお金の借り方

ここでは、様々なお金を借りる方法について紹介しています。ご自身で比較検討してみて欲しいのですが、利用目的が限定されていたり条件が非常に厳しいなどデメリットのある借り方も多いです。

  1. 即日融資に対応
  2. 大手で信頼できる
  3. 申し込みが簡単
  4. 無利息キャンペーン実施
  5. 利用目的が限定されない

といったことを考えるとやはりプロミスアコムでお金を借りるのがオススメです。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは消費者金融に比べやや金利が低いというメリットがあります。しかし、審査内容が消費者金融より格段に厳しくなるため、申し込みをしても審査から実際に融資を受けるまでの時間も大幅に掛かってしまいます。


多少なりとも安い金利は確かに魅力的な面もありますが、審査に時間がかかることを考えると、急ぎでお金を借りる必要がある場合には、あまりおすすめできません。

銀行の目的別ローン

銀行ではカードローン以外の融資も行っています。銀行カードローンとの違いは、借りたお金の利用目的の有無にあります。銀行の通常ローンは目的に合わせてローンを組む『目的別ローン』なのです。


銀行によって様々な目的別ローンがあります。たとえば、マイカーローン、リフォームローン、教育ローン、ブライダルローン、トラベルローンなどです。


注意点としては、審査に非常に時間がかかることと、目的別ローンに用意されている目的に合わない場合はにお金を借りることができない可能性があるということです。しかし、非常に低金利でお金を借りることが出来るのは魅力的なので、時間的に余裕がある場合にはオススメできる方法の1つです。

クレジットカードのキャッシング

多くのクレジットカードには「キャッシング枠」というものが付いています。クレジットカードのキャッシング枠を利用すると、コンビニATMや銀行ATMなどですぐにお金を借りられる可能性があります。もしも、お持ちのクレジットカードがあるなら、カード会社に連絡してキャッシングができるかどうか一度確認してみてもよいかもしれません。


ただし、金利が非常に高いというデメリットもあります。最大金利である18%で貸付を行っていることが多く、消費者金融で借りたほうが安く済むというケースがほとんどです。また、クレジットカードのキャッシングでは、消費者金融のカードローンと違って繰り上げ返済ができないので、予定された返済日を早く返済して利息を安く済ませるという手が使えません。

労金(労働金庫協会)

労金とは『労働金庫』の略称で、全国で13団体存在しています。お住まいの地域により利用できる団体が異なります。例えば、東京都にお住まいなら中央ろうきん、大阪府にお住まいなら近畿ろうきんが利用できます。ろうきんにもカードローンがあり、その地域で働いている人であれば誰でも利用できます。(もちろん、審査に通過する必要があります。)

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、失業などの事情によって生活に困った人のための貸付制度で、各地域の社会福祉協議会が窓口になっています。この制度を利用した貸付制度には以下のような種類があります。

  1. 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  2. 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  3. 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)
  4. 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)

生活福祉資金貸付制度を利用するためには、

  1. 生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯
  2. 障がい者手帳を持っている障がい者世帯
  3. 仕事に就くことが困難な65歳以上の高齢者世帯

などに当てはまっている必要があります。利息が非常に低い点も特色ですが、他の貸付を利用できる場合、年金・失業保険を受給していたり生活保護を受けている場合は借入できない可能性が高いです。国の貸付制度は非常に審査基準が厳しいので、相当生活に困窮している状況でない限り審査に通ることはないと考えられます。

学生ローン

学生という身分なら、各社の『学生ローン』を利用する方法もあります。学生ローンの審査では、借りたお金の利用目的が重要視されます。また、限度額はそれほど高くありませんのであまり大きなお金を借りる事は出来ません。金利は高く付きますが、学生であって利用目的がしっかりしているなら学生ローンという選択肢も1つでしょう。

ビジネスローン

事業用資金を貸し付けるビジネスローンもあります。ビジネスローンには、総量規制対象外(年収の1/3以上の借り入れが可能)、個人向けのローンサービスよりも金利が低い、などのメリットもあります。デメリットは、審査に数日〜1か月程度と非常に時間がかかることが多いことです。

奨学金

奨学金は、進学に必要な学費・生活費を支援してくれる制度ですが、もちろん、利用できるシチュエーションは非常に限定的です。大学卒業後に借りたお金を返還する「貸与型」と変換する必要のない「給付型」があります。主な奨学制度として

  1. 日本学生支援機構
  2. 大学独自治の奨学金制度
  3. 地方自治体の奨学金制度
  4. 民間団体・その他の奨学金

などがあります。


奨学金の受給に際しては、とても細かな審査が行われます。成績・学費の総額・通学手段などによって、奨学金の金額や返済していく年数や金利が変動します。また、奨学金は入学後にしか支払われませんから、入学金や授業料を前払いでの支払いが不可能な場合は、いずれかの金融機関に一時的に借り入れをする必要があります。

親族(親兄弟や配偶者)からお金を借りる

親族(親兄弟や配偶者)がお金を貸してくれるのなら、やはりおすすめできる方法の1つです。契約行為ができない中学生や高校生などの未成年にとっては、家族を頼るしかないというケースも多いでしょう。


ただし、親族からお金を借りるときには何点か注意すべき点があります。それは、お金を借りる理由と返済に関してのトラブルへの配慮です。親族からお金を借りるときには、やはりお金の使い道について確認されますので、それ相応の理由が必要です。また、お金の貸し借りは身内であっても大きなトラブルになってしまう可能性が秘めているということも理解して、身内だからといって甘えずきちんと返済していく覚悟が大切です。

街金

街金は、国や都道府県に貸金業登録をしている、中小規模の消費者金融の会社です。有名な大手のように手広く展開しているとは限らず、特定地域において個人をターゲットとして小口融資を行っています。


貸金業登録を行っていない違法な街金も中には存在しますので、注意が必要です。きちんと貸金業登録が行われている業者かどうかは、財務局の公式WEBサイト上から確認することができます。貸金業登録済みと確認が取れれば正規の街金と判断してよいということです。

ヤミ金

貸金業者の登録を行わずに貸金業を行っている違法業者です。漫画や映画などでに出てくるように、法外な利息を課し、厳しい取り立てをするというイメージが持たれがちだと思います。ただ、近年は法律による取り締まりが厳格化されていることから、激しい取り立ては減りつつあります。


貸金業登録をすることなしに営業しているので、財務局のサイトをチェックしても、業者名が出てくることはありません。出資法を無視した法外な金利で融資を行ったり、あの手この手で完済させないなど、悪質な業者が目立ちます。漫画や映画でよく描かれているように、非常に危険なのでヤミ金からお金を借りることは絶対にやめてください。